旅人サイファのお出かけブログ

R3.5.15 ブログランキングサイト国内旅行ジャンル第1位獲得!旅行プランナー旅人サイファが送る『旅行に行きたくなるブログ』です!ぜひお立ち寄りください♪

雰囲気はまるで京都や鎌倉!『九品仏浄真寺』は都内では珍しい寺院庭園!【都内絶景庭園めぐり】⑨

【東京都内では数少ない寺院庭園が自由ヶ丘駅から徒歩圏内に!】f:id:traveler-cipher:20220603082538j:image

東急東横線九品仏駅…お洒落な自由ヶ丘から1駅隣にあるこの駅の名前、もしかしたら間違って読んでいる方も多いかもしれません。

実は、こちらは「くひんぶつ」じゃないんです!「九品仏」と書いて「くほんぶつ」と読みます。正式名称は『九品山 唯在念仏院 浄真寺』という、浄土宗の寺院です。

 

この寺院は、江戸時代の初期、四代将軍・家綱公よりこの地を賜った珂碩上人が、諸堂を整備し、九体(九品)の阿弥陀如来像を安置したことから始まります。

こちらは、都心から離れていたこと、そして戦禍に巻き込まれることがなかったことから、創建当時の姿をほぼそのまま残している、都内では珍しい寺院なんです!

 

東急東横線九品仏駅を出ると、ほぼ真正面に延びているのが、ここ『九品仏浄真寺』の参道です。


f:id:traveler-cipher:20220603082554j:image

参道の突き当たりまで歩くと、総門が見えて来ます。素晴らしいですね!この雰囲気!


f:id:traveler-cipher:20220603082625j:image

一歩境内に入ると…新緑の美しいこと!青々とした木々はカエデが目立ちます。紅葉の時期も、また素晴らしい景観でしょうね。


f:id:traveler-cipher:20220603082639j:image

突き当たりにある開山堂から左へ折れると仁王門です。こちらは、鎌倉にありそうな力強い門です。この時点で、都内にいることを忘れそう!


f:id:traveler-cipher:20220603082651j:image

仁王門を潜ると、正面にお堂が3つ並んでいます。こちらが『九品仏』の名前の由来となった九体の阿弥陀如来像が安置されているお堂です。

 

中央に上品堂、向かって右側が中品堂、左手に下品堂。各々に三体ずつ阿弥陀如来像が置かれています。内部は撮影禁止ですが、これがなかなかの迫力!

こんなに立派な大仏像を、開山した珂碩上人ひとりで作り上げたとは驚きです!


f:id:traveler-cipher:20220603082702j:image

そんな阿弥陀如来像と相対しているのが、本堂です。内部にあがって参拝することもできますので、ぜひどうぞ!こちらにも大きな阿弥陀如来像が安置されています。


f:id:traveler-cipher:20220603082538j:image

この、本堂縁側から眺める枯山水庭園もまた見事でした。境内の木々を背景にして、その手前に青々とした築山、その手前に枯山水

ただぼんやりとお庭を眺める…そんな鑑賞がぴったりしそうなお庭でした。

 

都内の庭園は、そのほとんどが「大名庭園」や「近代庭園」です。こちらのような「寺院庭園」は実は貴重です。有名どころですと、他には浅草の「伝法院庭園」くらいでしょうか。

 

都内でこんなにも静かで本格的な庭園を鑑賞できるスポットはそうありません。一瞬、自分がまるで京都や鎌倉の寺院にいるかのような錯覚をさせる『九品仏浄真寺』。初夏や紅葉のころの散策にもぴったりです。自由ヶ丘まで歩けば、スイーツやグルメをあわせて楽しむこともできますので、今度の休日などに、ふらっとお出かけなさってみては?

 

あ。そうそう。こちら『九品仏浄真寺』で頂いたパンフレットに、とても興味深い記載がありましたのでご紹介します。

自分の両親にも両親がおり、2代遡れば4人、3代遡れば8人からの血の流れを受けます。そしてそれが10代遡れば1,024人、20代ではなんと…1,048,576人もの命の流れを受けて今の自分があります。

単純な倍々の計算ではありますが…2の20乗=1,048,576人。100万人を超える先20代のご先祖様のうち、たった一人でも欠けていたら…自分はこの世に産まれていないんですよね。

 

我々は1人で勝手に生きているのではありません。ご先祖様から受け継いだ有難い命の流れを思うと…自然と背筋が伸びる思いです。

 

九品仏浄真寺

アクセス

東急東横線 九品仏駅より徒歩4分

 

開門時間

6:00-16:30

 

定休日

年中無休

 

拝観料金

無料

 

駐車場

周辺コインパーキング利用

 

アドレス

東京都世田谷区奥沢7-41-3

03-3701-2029

 

次回です!

 

前回です