旅人サイファのお出かけブログ

R3.5.15 ブログランキングサイト国内旅行ジャンル第1位獲得!旅行プランナー旅人サイファが送る『旅行に行きたくなるブログ』です!ぜひお立ち寄りください♪

『ベイリゾートホテル小豆島』宿泊レポート!【年末年始淡路島&小豆島旅行記】⑩

こんにちは!旅人サイファです。

今回は小豆島のお宿紹介の記事です!f:id:traveler-cipher:20220408121711j:image

いかがですか!このオーシャンビュー!小豆島の内海越しに見る寒霞渓の山々まで一望できる最高のロケーション!

ここは『ベイリゾートホテル小豆島』です。


f:id:traveler-cipher:20220408121445j:image

【年末年始淡路島&小豆島旅行記】。徳島県鳴門の観光を終えて、香川県高松まで移動してきました。この日は、高松港から船で小豆島へ渡ります。

高松港からは高松城がすぐ!日本三大海城のひとつに数えられるほど海のすぐ近く!


f:id:traveler-cipher:20220408121510j:image

高松港からは、カーフェリーで60分ほど。何度乗っても、船ってワクワクしませんか?

ある種のアトラクション的な楽しみ方ができますよね。飛行機と違って甲板に出たり歩き回って景色を見られるのも良い!

 

船は小豆島最大の港・土庄港へ入港しました。小豆島は、瀬戸内海に浮かぶ無数の島の中でも第二位の面積を誇る大きな島です。

島内には7つの港があり、それぞれ高松や岡山、日生や姫路との船便で繋がっています。それぞれの航路がひっきりなしに行き来しているため、島を結ぶ船便の数は、恐らく日本一でしょう!(石垣島も多いかな)


f:id:traveler-cipher:20220408121541j:image

さて、土庄港から車で30分ほど、小豆島南東部に位置する『ベイリゾートホテル小豆島』に到着です。

この日はこちらに2連泊して小豆島を満喫する予定です!この辺りは、小豆島の名産のひとつ醤油工場が立ち並ぶエリア。途中、車の窓を開けるとほんのり醤油の薫りが漂います。


f:id:traveler-cipher:20220408122205j:image

お宿は大型のリゾートホテルタイプ。夏季には敷地内にプールもオープンし、たくさんの家族連れで賑わうそうです。広いロビーにはコーヒーマシンも備え付けてあり、ウェルカムドリンクとしていただけます。こういうサービスも嬉しいですよね。


f:id:traveler-cipher:20220408121600j:image

さて、チェックインを済ませてお部屋へ。この日通されたのは外縁付きの和室です。

船の関係で到着が遅かったので、この時は外の風景は見えなかったのですが…


f:id:traveler-cipher:20220408121649j:image

翌朝カーテンを開けるとこの風景!朝日に照らされた山と海!なんて贅沢な眺めでしょうー!

目の前には醤油の積み上げ港として栄えた「草壁港」、奥の山々は日本三大峡谷のひとつ「寒霞渓」です。

 

夕飯は2泊ともバイキング形式でした。全てではありませんが、並んでいるメニューも1泊目と2泊目で少し変化もあって、連泊者にも嬉しい限り。

f:id:traveler-cipher:20220408122131j:image

小豆島は、名産品に恵まれた島です。そのうちのひとつがオリーブ!

 

こちらは小豆島産のオリーブオイルを使った串揚げ!f:id:traveler-cipher:20220408122145j:image

お好みの具材を指定して、チーズフォンデュのようにオリーブオイルでフォンデュしていただけます。揚げ物なのにさっぱりしていてとても美味でした!


f:id:traveler-cipher:20220408122312j:image

その他にも、その場で握って貰えるお寿司のカウンターや…


f:id:traveler-cipher:20220408122335j:image

タコが丸々一匹!吊るし切りで頂けるタコの姿煮!



f:id:traveler-cipher:20220408122542j:image
そしてなんとアワビのお造りまで!もう豪華豪華!

冷凍食品ばかりが並ぶホテルバイキングとはレベルが違います!


f:id:traveler-cipher:20220408122445j:image

そしてもうひとつの名物、小豆島特産の手延べそうめんも美味!梅やオリーブを練り込んだ様々なバリエーションを楽しめるのは、バイキングならではですよね。


f:id:traveler-cipher:20220408122502j:image

もちろんデザートも充実していました。

みんなのテンションが上がるチョコレートファウンテンもオリーブチョコ仕様!マシュマロやフルーツに、たっぷりチョコをかけて食べれば、笑顔になること間違いなし!


f:id:traveler-cipher:20220408122352j:image

ちなみに…なんとこちらはアルコールまで追加料金無しで飲み放題!ビールや焼酎、日本酒から様々なフレーバーを楽しめるシロップもたくさん並んでいましたよ!

もう、お腹いっぱい!幸せいっぱいの夕食でした!

 

さて、この後は温泉です。f:id:traveler-cipher:20220414125311j:image

※公式ホームページより

 

いかがですか!この見事な景色!お風呂からこの眺めですからね!こりゃ興奮します!

広い大浴場で手足を伸ばせる幸せ!泉質は単純泉で癖のないさっぱりとしたお湯でした!ぬくぬく温まりました!

 

続いて朝食です。こちらもバイキング形式の朝食でした。
f:id:traveler-cipher:20220408122407j:image

夕食で実演お寿司だったところが、実演おにぎりに!好きな具材で握って貰えるのが嬉しいですね!子供たちも大喜びでした!


f:id:traveler-cipher:20220408122227j:image

そしてこれこれ!醤丼(ひしおどん)!こちらも小豆島名物の醤油の原料でもある、醤をかけたお茶漬け!これも好きな具材を載っけて頂けます。

f:id:traveler-cipher:20220414125332j:image

※公式ホームページより

 

ベイリゾートホテル小豆島』は、この写真を見ても分かるように、まず立地が素晴らしい!岬の根元に本館があり、突端部にはプールが作られていますね。2方面にそれぞれがオーシャンビューという素晴らしい眺めが楽しめますよー!

 

いかがでしたか?小豆島のおすすめホテル『ベイリゾートホテル小豆島』。船で渡らなければいけない離島と言うこともあり、年末年始やGWといった超繁忙期でも比較的予約しやすいので、行き先に困った時にもおすすめです。

 

ご予約はこちらからどうぞ!

 

ベイリゾートホテル小豆島

アクセス

高松、新岡山、日生、姫路城など各港からフェリー・高速船で小豆島へ

・小豆島土庄港から車で35分

・その他各港から無料送迎バスあり(要予約)

 

アドレス

香川県小豆郡小豆島町古江乙16-3

0879-82-5000

 

次回です

 

前回です!