旅人サイファのお出かけブログ

R3.5.15 ブログランキングサイト国内旅行ジャンル第1位獲得!旅行プランナー旅人サイファが送る『旅行に行きたくなるブログ』です!ぜひお立ち寄りください♪

米津玄師が紅白歌合戦で歌ったあそこ!!『大塚国際美術館』はお子様の美術館デビューに最適!【年末年始淡路島&小豆島旅行記】⑨

こんにちは!旅人サイファです。

今回は…世界中の名画と会える!地球上見渡しても、ここにしかない唯一無二のスポットをご紹介しますね!
f:id:traveler-cipher:20220408084549j:image

いかがですか!これはレオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」。誰もが知っている超有名な絵ですよね!

 

こんな世界的な名画が一ヶ所に揃った場所が、四国にあるんです!

それが『大塚国際美術館』です!f:id:traveler-cipher:20220413123859j:image

大塚国際美術館』は、徳島県鳴門市の鳴門公園近くに立つ、超巨大美術館です。地上2階地下3階の構造で、鑑賞ルートの総延長は4kmにも及ぶとか!?

所蔵作品数は、世界26ヶ国190余の美術館が所蔵する西洋絵画の至宝1000点余り!これらを複製、展示しています。

 

ところで、『大塚国際美術館』の「大塚」って、何のことだかお分かりですか?

実はここは、あの「ポカリスエット」で有名な「大塚製薬グループ」の施設なんです。大塚製薬はここ鳴門市創業の製薬会社。Jリーグ徳島ヴォルティス(今期はJ2)も大塚製薬グループのサッカーチームです。

 

f:id:traveler-cipher:20220414182940j:image

ちなみに、2018年のNHK紅白歌合戦で、かの米津玄師が歌唱したことで話題になったのが、ここ!『大塚国際美術館』なんですー!

 

大塚国際美術館』に収められている世界的名画の数々、実はこれらは、なんと全て精巧なコピー品なんです!原画をそのまま陶板に焼き付けて作っているので、色調や色褪せまでも現物そのまんま!

しかもこれ以上劣化しないという特殊加工がなされている特別な絵画なんです!


f:id:traveler-cipher:20220413123829j:image

そんな世界的名画を一ヶ所に集めている『大塚国際美術館』は、山の中に掘られた半地下の巨大美術館。まるで昭和のアニメの秘密要塞のような作りになっています!

もしかしたら、山が割れて巨大ロボットが出てくる秘密があるとか?←ないわ!

 

エントランスは地下四階に当たります。このまっっっっすぐ伸びるエスカレーターが、また壮観!どこかの王宮かのような雰囲気が素敵です。
f:id:traveler-cipher:20220413123925j:image

エスカレーターを登りきった先に、この美術館の超目玉があります。『大塚国際美術館』はそこそこ高い入館料(通常大人3300円)がしますが、その部屋に入るだけでも、充分モトは取れるくらいの価値があります…!


f:id:traveler-cipher:20220408084621j:image

それが…こちら!バチカン市国サン・ピエトロ大聖堂の一角にある「システィーナ礼拝堂」の原寸大レプリカ!なんと部屋そのものを丸ごと模写するという…圧巻の手法が取られているのです!

 

真正面に描かれている壁画は、ミケランジェロの「最後の審判」。終末戦争(ハルマゲドン)の後に行われる神による審判の結果で、天上界に行けるか、地獄に落ちるか…が決まるその場面を描いた傑作です。


f:id:traveler-cipher:20220408084641j:image

しかもこの部屋のすごいところはコレ!

なんと!壁画だけでなく天井画も含めて、「システィーナ礼拝堂」そのものもを、寸分違わぬサイズで再現していること!もうね…ここまで再現されたらレプリカかどうかはもう関係無くなるレベル!スゴすぎます!

 

こちらでは、1日数回、ガイドさんによる解説が行われています。システィーナ礼拝堂の壁画や天井画について、とても詳しく説明して下さるので、タイミングが合えばぜひ聞いてください。受ける印象が全く変わります!

 

冒頭で紹介した、米津玄師がNHK紅白歌合戦で歌唱したのが、まさにこの部屋「システィーナホール」です!その歌声はまさに讃美歌のように響いたことでしょう。

ちなみに彼はここ徳島県の出身でもあります。

 

その他にもレオナルド・ダ・ヴィンチモナ・リザ
f:id:traveler-cipher:20220408084702j:image

 

レンブラント「夜警」
f:id:traveler-cipher:20220413185242j:image

 

フェルメール「ミルクを注ぐ女」
f:id:traveler-cipher:20220413185322j:image

 

ゴッホ「ひまわり」
f:id:traveler-cipher:20220413185355j:image

 

ピカソゲルニカ
f:id:traveler-cipher:20220413185425j:image

 

などなど!誰もが知っている世界的な名画が次から次へと!

今回、初めて子供たちを美術館というところに連れて行きましたが…ここ『大塚国際美術館』は美術への入り口に最適ですね!初めて触れる芸術鑑賞というものに、子供たちも感じるところがあったら嬉しいものです。

また、美術史に詳しくない人間にとっては、年代や流派によって異なる雰囲気が良く分かる展示で、とても興味深いものでした。

 

古代、中世の作品から始まり、ルネサンスバロック印象派アールデコ…各々、色調や雰囲気が全く異なるんですね!筆者はバロック調の強烈な黒に圧倒されました!

いやしかし…名画から発せられる圧倒的なパワーには、ニセモノと分かっていてもトリハダが立つものなんですね!

 

筆者はあまり美術・絵画に詳しくありませんが、ここまで精巧なものですと、本物を鑑賞するのとそこまで大きな差はないように思えてしまいます。ニセモノと言われれば、確かにニセモノです。ですが…全く同じサイズ、全く同じ色彩のものが目の前にあれば、間違いなく本物と同じくらいのパワーを感じるはずです。

 

このように、本物と同じくらいの印象を与えてくれる世界の名画の数々。しかし、そこはニセモノなのでちょっとカジュアルな気持ちで美術を楽しむこともできる。そんないいとこ取りな美術館『大塚国際美術館』。

ぜひ一度、足をお運びください!お子さまの美術館デビューに最適ですよ!

 

大塚国際美術館

アクセス

神戸淡路鳴門自動車道 鳴門北ICより3分

徳島空港より 路線バス30分

JR鳴門線 鳴門駅より 路線バス15分

 

営業時間

9:30-17:00

 

定休日

毎週月曜日 祝日の場合は翌日

その他特別休館あり

 

入館料金

一般 3300円

大学生 2200円

小中高生 550円

 

駐車場

無料駐車場あり

 

アドレス

徳島県鳴門市鳴門町 鳴門公園内

088-687-3737

 

次回です

 

前回です!