旅人サイファのお出かけブログ

R3.5.15 ブログランキングサイト国内旅行ジャンル第1位獲得!旅行プランナー旅人サイファが送る『旅行に行きたくなるブログ』です!ぜひお立ち寄りください♪

明治維新はここから始まった!三浦半島久里浜散歩!

こんにちは!旅人サイファです!

今回から数回に分けて、11月にふらっとお出かけしてきました、横須賀&三浦半島のスポット紹介記事を連載でお届け致します。

11月のある週末。ふと時間が空いたので、何気なく南へ車を走らせました。

1時間半後…たどり着いたのは神奈川県三浦半島

燦々と太陽照りつける小春日和の気待ち良い日でした。

始めは三崎港へ向かっていたのですが、お昼近くになって来て渋滞し始めたため、急遽ルート変更!

手前の浦賀久里浜をお散歩することにしました。

浦賀…歴史の教科書にも載っている、アメリカ合衆国のペリー提督率いる黒船艦隊が押し寄せた地です。

明治維新はここから始まった』と言っても過言ではない、日本歴史上のターニングポイント。


f:id:traveler-cipher:20201202131346j:image

当時、ここの沖合に4隻の蒸気船がもうもうと黒煙を上げていたのを思うと、感慨深いものです。


f:id:traveler-cipher:20201202131555j:image

この浦賀久里浜あたりは東京湾の湾口にあたります。

対岸の房総半島との距離が最も縮まるのがこの辺り。

海の向こう側に房総半島がくっきり見えています。

現在も久里浜↔金谷間は東京湾フェリーが運航していますが、その所要時間はなんと片道40分!

大型フェリーでこの時間ですから、高速船ですと30分切りそうですね。

ここから房総半島へ渡る旅も面白そうです!

京急線ですと、浦賀駅久里浜駅は路線が異なりますので、全く別の土地のように思えますが…実は浦賀久里浜はほぼ一体。

中央に突き出た岬(現在は横須賀刑務所等があります)の北側が浦賀、岬の南側が久里浜です。

ペリーが船を浮かべたのは、むしろ久里浜に近い場所だったそう。

幕府の奉行所浦賀にあったため、通報した奉行所を付けて『浦賀に黒船が来た』と伝わったのでしょうかね。


f:id:traveler-cipher:20201202131613j:image

ペリーが上陸した土地も、ここ久里浜にあります。

辺りはペリー記念公園として整備され、『ペリー提督上陸記念碑』も建てられています。


f:id:traveler-cipher:20201202131626j:image

そして公園の片隅には『ペリー記念館』もあります。


f:id:traveler-cipher:20201202131641j:image

2階建ての小さな資料館ですが、無料なので覗いてみましょうー。


f:id:traveler-cipher:20201202131653j:image

一階には早速ジオラマ!四隻の蒸気船が沖合いに浮かんでいます。

一番手前がペリー提督の乗船していた『旗艦ミシシッピ号』でしょうかね。

ちなみに『サスケハナ号』は二度目の来航時の旗艦。

この時は横浜沖まで迫っているので、サスケハナ号は浦賀には来ていないのかな?

画像中央に見える陸地が、先ほど述べた横須賀刑務所のある岬です。

浦賀に来航した!』というよりも『浦賀久里浜の沖合いに停泊した!』という方が適切かも?


f:id:traveler-cipher:20201202131709j:image

映像資料やペリー提督の人生を学べるエリアもあります。

ペリー提督…実はわずか14歳で士官候補生となった軍人一族のエリート!

蒸気船海軍の強化を進め、アメリカでは『蒸気船海軍の父』と言われているみたいですよ。


【ペリー記念館】

アクセス

京急久里浜駅より徒歩20分

営業時間

9:00-16:30

定休日

毎週月曜日

年末年始

入場料

無料

アドレス

横須賀市久里浜7-14

046-834-7531


追記(20/12/27)

「ぶるぶるMusao」さまのブログにて本記事を言及いただきました。

何気ない会話から交流が生まれる。ブログの醍醐味です ( ̄▽ ̄)v


次回!