旅人サイファのお出かけブログ

R3.5.15 ブログランキングサイト国内旅行ジャンル第1位獲得!旅行プランナー旅人サイファが送る『旅行に行きたくなるブログ』です!ぜひお立ち寄りください♪

豪快!奥日光三名瀑のひとつ【湯滝】の迫力に圧倒!

こんにちは!旅人サイファです。

今回ご紹介するのは、奥日光エリアの大迫力スポットをご紹介しますね!

日光で「滝」といえば、やはり『華厳(けごん)の滝』が浮かびますよね。

先日このブログでもご紹介しました。


しかし、実はここ日光周辺は名爆の宝庫!

華厳の滝以外にも、素晴らしい滝があるんです。

その日光エリアの滝の中でも、私のおすすめは奥日光湯元エリアにあるその名も【湯滝(ゆたき)】!

華厳の滝とは、また一味違った素晴らしい滝です。

f:id:traveler-cipher:20201118145332j:image

【湯滝】のスタートは、日光湯元温泉すぐそばに広がる湯ノ湖。

とても穏やかな湖です。湯ノ湖の周辺からも温泉が湧き出ているのでしょう。

ところどころ湯気が見られます。

この湯ノ湖の南端から一本の川が流れており、この川が【湯滝】となり一気に斜面を滑り降ります。

【湯滝】に沿って遊歩道が付けられているので、落ち口、側面、滝壺の全てを間近に見ることができます!


f:id:traveler-cipher:20201118145411j:image

遊歩道のすぐそばを、ドウドウっ!と激しい音を立てて水が流れていきます!

すごい迫力!

【湯滝】は落差50m。

華厳の滝のように真下に落ちる直瀑ではなく、斜めに切られた岩盤の上を滑るように流れ落ちていきます。

言うなれば…超巨大ウォータースライダー!

※滝の流れへはもちろん立ち入り禁止です


f:id:traveler-cipher:20201118145438j:image

遊歩道は滝壺間近の観瀑台まで続いています。

滝壺の迫力は圧巻!

その音と合間って、少し恐怖を覚えるくらい!

滝の上である湯ノ湖畔と、湯滝の滝壺近くにそれぞれ駐車場もありますので、散策も楽々!

おすすめは湯ノ湖畔に駐車して、滝の上部から下部へ向けて見学するコース!

だんだん近づく滝壷の音に、興奮すること間違いなしですよ!

日光へ行く際は、東照宮周辺や華厳の滝だけでなく、奥日光エリアにもぜひいらしてください。豊かな自然と極上の温泉が、皆様をお待ちしていますからね!

次回は、その日光湯元温泉のお宿紹介です!

【湯滝】

アクセス

東武日光駅より湯元温泉行き路線バスにて75分 湯滝入口より徒歩5分

見学料金

無料

見学時間

24時間立ち入り自由(夜間注意)

定休日

年中無休

アドレス

(湯滝レストハウス

栃木県日光市湯元2499

0288-62-8611