旅人サイファのお出かけブログ

R3.5.15 ブログランキングサイト国内旅行ジャンル第1位獲得!旅行プランナー旅人サイファが送る『旅行に行きたくなるブログ』です!ぜひお立ち寄りください♪

日光門前!古き良きレトロな食堂【日光まるひで食堂】で絶品ゆば料理!

こんにちは!旅人サイファです!

本日の記事は日光のお食事処をご紹介します。

日光の社寺の西側入口、神橋交差点からすぐのところにあります【日光まるひで食堂】さん!
f:id:traveler-cipher:20201118144209j:image

神橋から来た場合は、いろは坂に向かって走ると右手。

いろは坂から来た場合は、左手に見えて来ます。

ここの良いところは、 ”お食事されたお客様は日光社寺の参拝中も駐車料金無料" という点!

お店の裏手には店舗の駐車場完備されています。

駐車料金1000円が必要ですが、この1000円の駐車券はまるひで食堂さんで1000円分の金券になりますので、食事をすれば駐車料金実質無料!

ですので、こちらに車を駐車してから日光東照宮輪王寺二荒山神社をご参拝して、戻って来たらお食事!

という形で、その間中ずっと車をとめていられますので非常に便利!

もちろん先に食事をしてから、参拝してもOKです。

店先にはこれまた昔懐かしい感じのディスプレイ!

f:id:traveler-cipher:20201118144224j:image

店内もイメージは "古き良き昭和の食堂"

決してお洒落な雰囲気はありませんが、人情味感じる暖かい雰囲気が素敵です。


f:id:traveler-cipher:20201118144236j:image

こちらメニューの一部。

日光名産のゆばを使ったメニューが目立ちますね!美味しそう!

ここ日光ではゆばのことを「湯波」と書きます。

一方、京都などでは「湯葉」と書きます。

どちらも、豆乳を熱した時に表面にできる膜をすくったものは同じ!

ひとつ違いがあるのは、「湯波」は鍋にできた膜を中央から二つ折りにして引き上げるのに対し、「湯葉」は端から重ねずに引き上げます。

「湯波」は二つ折りなので厚みがあります。

その分食べごたえもあり、しっかりした食感を楽しむことができます。

湯葉」は重ねないので、より繊細でしなやかな食感を楽しむことができます。

「湯波」は日光のダブル!「湯葉」は京都のシングル!と覚えれば良いですね!

※テストには出ません

と、いうことで、せっかく日光にいるのでゆば料理をオーダー!

まずは…こちら!

「ゆばチーノラーメン」
f:id:traveler-cipher:20201118145203j:image

ゆば×ペペロンチーノ×ラーメン!という創作料理!

いや!これが美味かった!

ガーリック&唐辛子がゆばによく絡んで美味しい!

ゆばの新しい世界を見た気がします。

「ゆば丼セット」
f:id:traveler-cipher:20201118145220j:image

こちらはゆば入りあんかけ丼と、ゆば小鍋がセットになったゆば御膳!

ゆばの風味と食感が堪りません!

いやあ!美味しかった!

古き良き昭和の食堂の雰囲気も楽しめる、【まるひで食堂】さん!

レトロお店ですけど、味は◎ですよ!
 

【日光まるひで食堂】

アクセス

日光宇都宮道路 日光ICより10分

東武日光線 東武日光駅より路線バスor徒歩30分

営業時間

9:00-17:00

定休日

不定

アドレス

栃木県日光市安川町10-24

0288-54-0550