旅人サイファのお出かけブログ

旅行に行きたくなる!読んだらそこに行きたくなる!そんなブログを目指しています!

四万十町 VS 四万十市の仁義なき戦い!

こんにちは!旅人サイファです!

前回、こちらの記事で扱った紛らわしい地名のお話第2弾!

今回は、先月訪れた高知県四万十川流域の二つの自治体のお話!

 

高知県西部を流れる四万十川

その流域に、同じ名前を持つ自治体が並んでいます。

 

四万十町四万十市

うーん!実に紛らわしい!

 

なぜこんなことになったか?

少し調べてみました。



f:id:traveler-cipher:20200412111123j:image
(四万十川財団HPより)

 

四万十町

窪川町、旧大正町、旧十和村が合併して発足。人口1.7万人ほど。

 

四万十市

中村市と旧西土佐村が合併して発足。人口3.4万人ほど(高知県内第3位)

 

合併の成り立ち

四万十町

名称決定日 平成16年8月10日

合併日 平成18年3月20日

 

四万十市

名称決定日 平成16年8月16日

合併日 平成17年4月10日

 

物議を醸すポイントがこの合併日!

合併そのものは四万十市の方が1年弱早い!

しかし!

名称合併日は四万十町の方が6日早い!

 

つまり…

先に四万十町の名前が決まり

1週間後に四万十市の名前が決まり

先に四万十市が発足

1年後に四万十町が発足

 

うーん!ややこしや!

 

四万十川は『日本最後の清流』とも言われる、日本有数の美しい川。

この四万十ブランドと観光資源の持つ影響力は絶大!

 

心情的には…先に名称を決めた四万十町に譲ってあげれば良かったのに…と思います(笑)

四万十市には、既に小京都中村という文化と歴史を持っているので…。

 

恐らく双方、引くに引けなかったのでしょう。

 

ふるさと納税

四万十町四万十市ともにふるさと納税頑張っていますが、こちらは四万十町の方が優勢!

2018年のデータですが、四万十町は11億円、四万十市は3億円!

四万十町の返礼品『四万十うなぎ』が人気みたい!

 

★四万十うなぎの記事はこちら

 

四万十川

四万十川に観光に行きたいんだけど…どっちがおすすめ?

と言われることもありますが…

これは双方痛み分け!

四万十町のある上中流域の方が水は綺麗!

それに川幅も狭く岩場との調和が美しい!

 

対する四万十市下流域。

ですので川幅も広く雄大な風景を楽しめます!

川幅が広いおかげで、名物の沈下橋も長く美しいのが特徴です。

 

いかがでしたか?

四万十町四万十市仁義なき戦い

どちらもそれぞれの魅力に溢れたところですので、四万十川ドライブがてら双方にお出かけしてみましょう!