旅人サイファのお出かけブログ

旅行に行きたくなる!読んだらそこに行きたくなる!そんなブログを目指しています!

年末年始東海旅行記 七日目(後編)

愛・地球博記念公園を出た後は、豊田市内でお昼を食べて東へ。

本日のお宿湯谷温泉を目指します。
湯谷温泉は愛知県の東端。
静岡県との県境近くのひなびた温泉です。

お宿へ子供たちを置いて、近くの歴史スポットへ散策に。

湯谷温泉のある新城市は、戦国の古戦場長篠の近く。
まずは日本百名城のひとつ長篠城へ。
f:id:traveler-cipher:20200216082807j:image

ここ、長篠城は歴史を変えたターニングポイント。

鳥居強兵衛門という勇士の生死を賭した『一声』がなければ、織田信長の天下取りは数年遅れたでしょうし、本能寺の変も起こらなかったかも…しれない。

※この話は番外編で

ここ長篠城は、豊川と宇連川の合流地点に作られた断崖絶壁の城。

攻め落とすのは困難だったのがその地形からも伺えます。

さて、長篠城を出て長篠の古戦場へ向かいます。

最近は設楽ヶ原の戦いとも呼ばれますね。

織田信長&徳川家康の連合軍と、甲斐(山梨)の信玄の後を継いだ武田勝頼の一大会戦。

織田方の鉄砲三弾撃ちが大戦果をあげた戦いで有名ですね。


f:id:traveler-cipher:20200202001326j:plain
古戦場跡にはこのような馬防柵が復元され、当時の雰囲気を蘇らせています。
鉄砲の三弾撃ちばかりフォーカスされますが、真の意味で最大の戦果を挙げたのがこの馬防柵だと思います。

この馬防柵が武田勢の突撃を食い止め、そこに狙いすましたように一斉射撃!!

かつて戦国の世を蹂躙していた名だたる武田軍団。

その武将の多くがここで討ち死にしています。

合掌🙏

いよいよ大詰め、八日目!


前編はこちらから♪