旅人サイファのお出かけブログ

R3.5.15 ブログランキングサイト国内旅行ジャンル第1位獲得!旅行プランナー旅人サイファが送る『旅行に行きたくなるブログ』です!ぜひお立ち寄りください♪

【滋賀】『旧竹林院』が絶景すぎる!美しい庭園と見どころ紹介!

滋賀県大津市坂本にある『旧竹林院』はSNS映え間違いなしの絶景スポット!

f:id:traveler-cipher:20220812071054j:image

いかがですか!この見事なリフレクションの風景!

滋賀県大津市坂本、比叡山門前町であるこの町に、こんなに素晴らしい風景を楽しめる場所があったとは!

いつも混雑している京都市内から、わずかに一山越えただけ。そこには静けさに覆われた落ち着いた世界が広がっていました。

 

こんにちは!本業の傍ら、全国47都道府県を訪問し全国各地の隠れた名所を再発見させる記事を執筆している旅人サイファです。

今回は5月末に訪れた【新緑の京都ひとり旅】から、滋賀県大津市に足を伸ばした際の記事をまとめています。

 

ここ大津市坂本は、かつて比叡山表玄関として賑わった町です。比叡山は京都の鬼門を守護する役割を持って建てられた、日本仏教の最高峰とも言える場所。

多くの人が勘違いしていらっしゃいますが、比叡山のメイン部分は京都府ではなく滋賀県なんですよ!

 

旧竹林院の歴史

f:id:traveler-cipher:20220812071117j:image

『旧竹林院』は、比叡山への登山電車「坂本ケーブル」の乗り場からすぐのところに位置しています。

 

元々は、比叡山延暦寺の僧侶が年老いて隠居してからの生活を送った里坊だったようです。f:id:traveler-cipher:20220812071133j:image

比叡山の麓にある大津市坂本は、門前町として古来から大いに栄えてきました。町のあちらこちらに歴史を今に伝える数多くの建物、史跡が残され、一帯は国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。

 

なかでも里坊は歴史のまち・坂本ならではの町並みを造っています。里坊は延暦寺の僧侶の隠居所で、今も数多く残されています。

 

旧竹林院はこうした里坊のひとつで、邸内には主家の南西に約3,300平米の庭園(国指定名勝庭園)が広がり、大正年間に建てられた2棟の茶室と四阿があります。

 

八王子山を借景にした庭園は、地形を巧みに利用しながら滝組と築山を配しています。大宮川の清流が園内をかけ巡り、たっぷり植えられた木々や手入れの行き届いた苔が四季折々、しっとりとした風情をかもしだしています。

公式パンフレットより

 

旧竹林院のみどころ

f:id:traveler-cipher:20220812071155j:image

受付で拝観手続きを済ませたら、まずは建物内を拝観します。特筆すべきはその拝観料!なんと大人でも330円というお値段なんです!

同じようなリフレクション写真を撮れる京都の「瑠璃光院」や「嵐山祐斎亭」が拝観料2000円もするのに比べると破格ですよね!


f:id:traveler-cipher:20220812071216j:image

書院は1階と2階からお庭を眺められる構造になっています。二方向が開け放たれていて、素晴らしいお庭が一望できます。

 

お庭は、背後に連なる斜面を巧みに活かした立体的な構造になっています。敷地は広々としながらも、斜面に沿って植えられた木々が迫ってくるような、迫力のあるお庭になっていますね。

このお庭そのものも素晴らしいのですが…ポイントが、お部屋の中央に置かれた机!

 

ぜひ、動画でご覧ください!

 

お部屋の中央に置かれた、一見なんの変哲もないこの机が…このように見事に風景を反射させて、こんな摩訶不思議な写真を撮影できるんです!f:id:traveler-cipher:20220812071259j:image

いかがですか!このリフレクション!ちなみに…この写真上下反転させています。

ちょっとした異世界に迷い混んだかのような感覚に陥りますよね。


f:id:traveler-cipher:20220812071330j:image

定番のアングルがこちら!角の柱を真正面に置き、左右対称に切り取ると…この通り!

左手の赤い傘が良い添景になっています。


f:id:traveler-cipher:20220812071356j:image

アングルは思いのまま!机を動かすのはご法度ですが、構える角度を変えることで様々に撮影することができます。思い思いにお好きなアングルで撮影なさってください!

 

ちなみに、こちらの素晴らしいところは、京都の「瑠璃光院」ほど混雑していないこと。ですので、忙しなく急かされることなく、ご自身のペースでお楽しみ頂けますよ!

譲り合ってどうぞ。

 

2階からの風景も素晴らしい

f:id:traveler-cipher:20220812071511j:image

2階からも、美しい庭園を一望できます。新緑の緑が輝いています!


f:id:traveler-cipher:20220812071428j:image

ちなみに、2階にもリフレクションする文机が置かれていますので、1階が混んでいたらこちらへいらしてください。


f:id:traveler-cipher:20220812071547j:image

縁側から見下ろす庭園。左手が斜面になっており、木々がせり出しているのが分かるかと思います。

 

庭園は回遊式!

f:id:traveler-cipher:20220812071608j:image

一通り建物内から鑑賞したら、続いて実際にお庭に降りて鑑賞してみましょう。ここ『旧竹林院』の庭園は、山あり川あり。

 

奥側が高くなっており、そちらはまるで深山幽谷の世界。手前側には大宮川と呼ばれる川が流れており、こちらは水が輝く開放的な世界。

ふたつの世界を楽しむことができる作りになっています。


f:id:traveler-cipher:20220812071635j:image

山を登ったところにはお茶室が建てられています。実はこのお茶室もポイント。日本にはふたつしかない「天の川茶席」という大変貴重なものだそうです。


f:id:traveler-cipher:20220812071653j:image

一周して母屋の前まで戻ってきました。母屋とお庭をのバランスも素晴らしいですね。

隅々まで歩けるのもここ『旧竹林院』の魅力のひとつ!


f:id:traveler-cipher:20220812071708j:image

いかがでしたか?『旧竹林院』の風景。リフレクションの景色ももちろん素晴らしいものですが、それを際立たせているのは、お庭そのものの素晴らしさかと思います。

 

旧竹林院の駐車場&アクセス情報

f:id:traveler-cipher:20220812072336j:image

『旧竹林院』の門前には拝観者専用の無料駐車場が完備されていますので、お車でのアクセスの際は楽チンですね。

公共交通機関ご利用の場合は、JR比叡山坂本駅か、京阪電車坂本比叡山口駅から徒歩か路線バスでのアクセスになります。ダラダラとした上り坂が続くので、バスをご利用なさることをおすすめします。

 

あまり人には知られていないスポットですが、ここ『旧竹林院』の庭園とリフレクションは一級品です!ぜひ、京都観光や大津観光の際に立ち寄ってみてください!

筆者はこの後、すぐお隣の「滋賀院門跡」へ向かいました。続きは次回!

 

元里坊 旧竹林院

アクセス

JR湖西線 比叡山坂本駅より徒歩20分

京阪電車 坂本比叡山口駅より徒歩10分

西大津バイパス 滋賀里ランプより10分

 

開園時間

9:00-17:00

 

定休日

毎週月曜日(祝日は開園)

祝日の翌日

12/29-31

 

入場料金

大人330円

小学生160円

 

駐車場

無料駐車場あり

 

アドレス

滋賀県大津市坂本5-2-13

077-578-0955

 

次回です

 

前回です!