旅人サイファのお出かけブログ

R3.5.15 ブログランキングサイト国内旅行ジャンル第1位獲得!旅行プランナー旅人サイファが送る『旅行に行きたくなるブログ』です!ぜひお立ち寄りください♪

【旅人サイファの絶景100選】間違いなく日本一の城下町遺構!『萩の城下町』!

こんにちは!旅人サイファです!

本日は月曜日!【旅人サイファの絶景100選】No.71、今回も中国地方の絶景群をお届けします。

 

今回ご紹介するのは山口県萩市明治維新の立役者、長州藩の城下町です。

吉田松陰木戸孝允高杉晋作久坂玄瑞伊藤博文錚々たる面々がこの萩の町から出ているのです。

 

以前、別の記事でもご紹介しましたが、ここ萩は江戸時代からの武家屋敷が残る素晴らしい町です。

城下町遺構としては、間違いなく日本一!なにせ町全体がほぼ「そのまま」なんです!

 

萩の町は、海に突き出た最も西側に本城である萩城と家老屋敷、堀切で区切られた中央エリアに上級武家屋敷、さらに東側に中級武家屋敷と順に並んでいます。

 

町歩きをする際は、まずは萩城跡からスタートしましょう。
f:id:traveler-cipher:20211010182215j:image

毛利家36万石を治めた中心地がこちら。現在は堀と石垣のみが残りますが、かつてはここに五層の大天守閣が聳えていました。


城跡からすぐのところにある、藩の重臣たちが住んでいた家老屋敷エリアがこちら。
f:id:traveler-cipher:20211010183239j:image

いや、ビックリしませんか?この風景。映画のセットじゃないんですよ!?

電柱や電線すらありません。

 

f:id:traveler-cipher:20211010183212j:image

そこの角から「ひょいっ」と武士が出てきても何もおかしくない!江戸時代からそのままの景色が残るのは国内でもここだけ。


f:id:traveler-cipher:20211010183555j:image

こちらは上級武家屋敷の並ぶエリア。城壁や門構えも立派。

この辺りになると舗装路になってきますが、それ以外は当時のまんま!

 

f:id:traveler-cipher:20211010184044j:image

東側の中級武士の屋敷が並ぶエリアもこの通り。ここは萩の御用商家・菊屋の並びにある菊屋横丁。これらの屋敷には現在も住民が生活しています。


f:id:traveler-cipher:20211010184215j:image

幕末の英雄・高杉晋作の生まれ育った家もそのまま保存されています。この門を晋作が出入りしていたと思うと…震えますね!


f:id:traveler-cipher:20211010214645j:image

萩といえば吉田松陰と彼が教鞭を取った私塾・松下村塾です。

しかし、松下村塾は実は萩城下にはないんです。松下村塾は城外、松本川の向こう側に位置しているのです。現存している松下村塾は、わずか八畳一間の粗末な建物。

ここから、日本の未来を導く秀才たちが出たとおもうと…これもまた感慨深いですよね。

 

ここ萩に、こんなにも素晴らしい町並みが残ったのはなぜでしょう?

要因は、いくつか考えられます。

 

その① 毛利家にとって望んだ城下町ではなかったから!

関ヶ原の合戦で敵対する西軍の総大将として立った毛利家は、勝者・徳川家康の命によってそれまでの120万石の領地から36万石の1/4の領地に減らされます。

しかも、毛利家が希望した南部の要衝山口への築城は許可されず、日本海に面した萩への築城を命じられます。萩はそもそも、毛利家が望んだ城下町ではないのです。

 

その② 幕末、江戸幕府の力が弱まった際に捨てられたから!

幕末、江戸幕府の力が弱まったのを見た毛利家は、勝手にかつて築城を希望した山口へ居城の引っ越しを強行します。江戸幕府の支配体制が確立していた時期には考えられない暴挙。

しかしすでに江戸幕府にはそれをとがめる力もなく…結局山口移転を認めさせます。こうして、「徳川に押し付けられた町・萩」は捨てられるのです。

 

その③ 鉄道路線が引かれなかったから!

萩の市街地は橋本川と松本川に挟まれた中洲島に作られています。

大正14年国鉄山陰本線が引かれた際、萩には東萩駅萩駅玉江駅の三駅の三駅が作られましたが、いずれも萩の中心であるの中洲島の外側。中心部に駅が作られなかったことで大規模な市街地が作られず、都市化を免れました。

 

その④ 明治維新の英雄たちの聖地だったから!

先に述べた通り、萩は明治維新の英雄たちの故郷。

そのため、近代化するにあたっても抑止力が働き、家老武家屋敷、英雄たちの生家などもそのまま手が付けられずに残されました。

 

様々な要因のおかげで、現代まで残された『萩の町並み』。

日本国内随一の城下町を見に、ぜひ萩市まで出掛けてみてください!

 

萩の町並み

アクセス

JR東萩駅より路線バス

 

入場料金

散策自由

萩城跡指月公園は220円

 

営業時間

散策自由

萩城跡指月公園は8:00-18:30

 

定休日

年中無休

 

アドレス

山口県萩市堀内1-1

0838-25-1826(指月公園)

 

次回です!

前回はこちらから!