旅人サイファのお出かけブログ

R3.5.15 ブログランキングサイト国内旅行ジャンル第1位獲得!旅行プランナー旅人サイファが送る『旅行に行きたくなるブログ』です!ぜひお立ち寄りください♪

城崎温泉『千年の湯古まん』!城崎温泉の中心で外湯巡りにも最適!【GW京都&北近畿旅行記】⑯

こんにちは!旅人サイファです!

【GW京都&北近畿旅行記】の4日目、伊根の舟屋を出発し、この日の宿泊地は近畿有数の温泉地「城崎温泉」へ!

京都府から丹後半島を横断し、兵庫県へ向かいます。

 

城崎温泉は、川沿いに柳並木の並ぶ雰囲気の良い温泉街が魅力の町です。

今回お世話になったのは、城崎温泉の温泉街でも中心近くにある城崎温泉 千年の湯古まん』さん。

城崎温泉のメインストリートをまっすぐ進めば左手に見えて来ます。
f:id:traveler-cipher:20210704080925j:image

 

城崎温泉のお宿を探す時の、筆者のおすすめポイントは「温泉街の真ん中のお宿に泊まること」!です!

 

と、言うのも城崎温泉の魅力は、その豊富な外湯巡りと温泉街の食べ歩きにあります。

そんな、温泉街ごと楽しむことこそが、城崎温泉の至高の過ごし方!!ですので、宿泊するお宿も温泉街の中心近くがおすすめなのです!

その中心の目安は、数ある外湯のひとつ「御所の湯」と「一の湯」。

この2つから徒歩圏内でしたら、温泉街を楽しむには最適です!

 

今回我々が宿泊した『千年の湯古まん』は「御所の湯」から徒歩7.8分。

少し離れていますが、充分に温泉街の雰囲気も楽しめる立地にあります。


f:id:traveler-cipher:20210812224942j:image

外観はこちら。決して豪奢な作りではありませんが…古き良き温泉旅館の雰囲気を楽しめる素敵なお宿でした。


f:id:traveler-cipher:20210812224924j:image

玄関を入るとズラリとスリッパが並ぶ、どこか懐かしい感じ!

もちろんお出かけの際は下駄を貸して下さいますので、「からーんころーん」と下駄を鳴らしてお散歩できますよ。


f:id:traveler-cipher:20210812225008j:image

通されたお部屋は、温泉街を見下ろすことができる落ち着いた和室。5人でも広々!

それに座椅子に脇息(肘掛け)が付いていると…テンション上がりますよね(笑)

この日は早めにお宿に到着しましたが、お宿さんのご好意で、かなり早めにお部屋に案内して頂けました。

少しお部屋でのんびりしてから…浴衣に着替えて温泉街の散策に出発!

 

先ほども少し触れましたが、ここ城崎温泉には7つの外湯があり、城崎温泉のお宿に宿泊するとその外湯巡りを入り放題で楽しめる外湯パスポートを頂けます。

外湯巡りと温泉街散策は…次の記事にまとめますね!

 

外湯巡りも楽しいですが…内湯ももちろん素敵です!

『千年の湯古まん』さんの大浴場は2つ。

 

樹齢の湯(公式ホームページより)
f:id:traveler-cipher:20210812230302j:image

こちらは木の香りを楽しめる樹齢の湯。ここが素晴らしかった!

奥から滝のように流れる温泉と檜の香りが相まって気持ち良い!

 

白亜の湯(公式ホームページより)
f:id:traveler-cipher:20210812230309j:image

もう一つが白大理石を贅沢に使った白亜の湯。

こちらは、どちらかというとのんびり長湯したくなるような落ち着いた雰囲気でしたねー!

 

城崎温泉のお湯は、クセの少ない優しい泉質です。

刺激も少ないので、赤ちゃんの温泉デビューにはちょうど良いかもしれませんね!

 

もちろんお食事も素晴らしかったですよー!f:id:traveler-cipher:20210812225159j:image

この日のメインは但馬牛のステーキ!

神戸ビーフのルーツとしても知られている但馬牛(たじまうし)。油も多すぎず、きめ細やかな肉質が美味でした!

 

いかがでしたか?城崎温泉の旅館『千年の湯古まん』さん。

温泉旅館ならではのおもてなしと、絶妙な立地で温泉街を楽しむこともできる素敵なお宿です。

 

ご予約はぜひ、こちらのリンクからどうぞ!

城崎温泉へお泊まりの際は…ぜひ『千年の湯古まん』さんへどうぞー!

 

城崎温泉 千年の湯古まん
アクセス

JR山陰本線 城崎温泉駅より無料送迎バス5分

北近畿豊岡自動車道 但馬空港ICより30分


アドレス

兵庫県豊岡市城崎町湯島481

0796-32-2331

 

次回です

 

前回です!