旅人サイファのお出かけブログ

旅行に行きたくなる!読んだらそこに行きたくなる!そんなブログを目指しています!

【旧国名シリーズ】北海道にも旧国があった!?

こんにちは!旅人サイファです!

今回も旧国名シリーズのお話です!

はるか以前…このブログがスタートした直後に【北海道だけなぜ『道』なのか】という記事でまとめています。

(今になって読み返すと文章拙くてスミマセン)


今回はそのおさらいと、もう少し深く北海道の国分けについて記事にします!
f:id:traveler-cipher:20200904200145j:image

かつて蝦夷島と呼ばれた、現在の北海道。

ここには大和朝廷から江戸幕府まで連なる和人の体制に組み込まれることなく、独自の文化を持つアイヌ人が暮らしていました。

江戸時代頃になると和人も一部進出し、和人とアイヌが混在する、曖昧な土地のまま経過していました。

やがて幕末になると、頻繁に訪れるようになった外国船から守るために正式に自国領へ組み込むことになります。

この時に、北海道開拓使の一員であった松浦武四郎(まつうら たけしろう)によって、古代五畿七道になぞらえて『北海道』という名称が当てられました。

もともとアイヌはこの島のことを『カイ』と呼んでいたそうですが…それにしてもこのネーミングセンスは見事!

東海道南海道西海道と並び、全く違和感の無い『北海道』という名称の素晴らしいこと!

この北海道という優れた名称が、近代日本との同一化に大きく寄与したのは間違いないでしょう!

ここに、古代から連綿と続いていた五畿七道五畿八道になったのです。

こうして、日本の国土に組み込まれた北海道ですが、ひとつの県(国)とするには広すぎました。

そのため明治政府は、明治2年、北海道を11の国々に分割します。

北海道

そもそも『北海道』はあくまでも地方名。

東海道を14の国(伊賀、伊勢、志摩、尾張三河遠江駿河、伊豆、相模、武蔵、安房、上総、下総、常陸)に分けていたのと同じように、北海道も11の国に分かれていたのです。

実は北海道は、西の九州島と相対して『十州島』と呼ばれることもあったようです。

11国のうち千島国は現在の北方領土(離島)なので、千島国を除いた10の国がある島…みたいですけど、結局定着しませんでした。

こうして、明治初期の北海道は11の国に分けられて統治されていたのです。

(北海道開拓使による一括統治)

しかし内地(本州ほか)に遅れること明治15年

北海道にも廃藩置県が実施され、11の国は廃止。3つの県に集約されます。

北海道地方

  • 函館県→旧渡島・旧後志(南部)・旧胆振(一部)エリア ※県庁所在地は函館
  • 札幌県→旧石狩・旧手塩・旧十勝・旧日高・旧後志(北部)・旧胆振(大部分)・旧北見(北部)エリア ※県庁所在地は札幌
  • 根室→旧根室・旧釧路・旧千島エリア ※県庁所在地は根室

こうして新たに県としてのスタートを切った3県。

この頃には、他の地方と同じように北海道内に県があったのです!

東北地方の6県、関東地方の7都県と同じように、北海道地方にも3県が置かれていました。

北海道庁

しかし…この北海道地方の3県体制は長続きしませんでした。

当時、北海道全域の人口はおよそ23万人。

そのうち半数以上の15万人ほどが函館県に集中していたのに対し、東の大部分を有する根室県の人口はわずか1.7万人…。とても一県として機能するレベルにありませんでした。

こうして明治19年

函館県、札幌県、根室県の3県は廃止。

一括して『北海道庁』が管理することとなりました。

しかし他の府県のように、府知事や県知事はおらず、北海道庁長官が道内行政を担当しました。

北海道

北海道が他の都府県と同じ行政単位になったのは、実は戦後のこと!

昭和22年、北海道庁が廃止され他の県に準ずる『北海道』として成立します。

ここでやっと北海道が他の県と足並みを揃え、現在まで続く47都道府県制が成立するのです。

明治4年に、他の県の廃藩置県が行われてから遅れること76年。

ようやく戦後になって、他の都府県と同じ地位に…北海道はたどり着いたのです。

幾度となく分割された北海道ですが、こうして結局ひとつの『北海道』としてまとめられます。『北海県』や『北海道県』とされなかったのは…松浦武四郎の名付けた『北海道』という優れたネーミングが馴染んでいたから…でしょうか。

あくまでも『北海道』は地方名。

地方丸々ひとつで、他地方のひとつの県に相当する…という形で、現在もまとまっています。

まとめ

・北海道は東海道南海道北陸道と同じく地方名!

・一時期は道内は11の国や3つの県に分かれていた!

・再び統合した際に地方名である『北海道』が採用された!

北海道だけなぜ北海『道』なのかの問いに対しての回答はこれ!

それは『地方名』をそのまま採用したから!

なのです。

前回です!