旅人サイファのお出かけブログ

R3.5.15 ブログランキングサイト国内旅行ジャンル第1位獲得!旅行プランナー旅人サイファが送る『旅行に行きたくなるブログ』です!ぜひお立ち寄りください♪

小豆島特産!『マルキン醤油記念館』で醤油工場見学!【年末年始淡路島&小豆島旅行記】⑰

こんにちは!旅人サイファです。

しばらく連載が続いている【年末年始淡路島&小豆島旅行記】も5日目を迎えました。

 

この日は、小豆島のお宿をチェックアウトして本州へ渡りますが…船に乗る前に1ヶ所だけ立ち寄りました。

それがこちら!『マルキン醤油記念館』です。

ここは小豆島東部、坂手港からほど近くにあり、周辺は醤油の醸造場が立ち並ぶ醤油の聖地!辺りはほのかに醤油の良い香りが漂います。千葉県の野田市も駅を降りたら醤油の香りがしますよね。


f:id:traveler-cipher:20220424060419j:image

こちら『マルキン醤油記念館』は、およそ100年前に建てられた醤油醸造所です。

マルキン醤油記念館は1987年に丸金醤油の創業80周年を記念して、大正初期に建てられた工場のひとつを記念館として改装開館しました。諸味からしょうゆを搾り出す圧搾工場だったこの建物は、合掌造りとしては国内最大規模を誇るもので、1996年に国の登録有形文化財に指定されました。記念館に隣接した「物産館」では、天然醸造蔵の木桶で仕込んだ「生しょうゆ」を使ったオリジナルの「しょうゆソフトクリーム」を販売しています。ご来館の際にはぜひご賞味ください。


f:id:traveler-cipher:20220424060442j:image

館内は資料館になっています。明治大正昭和平成令和とこの地で醤油を作り続けてきたマルキン醤油。当時の資料が並べられなかなか興味深いです。


f:id:traveler-cipher:20220427080417j:image

実は、ここ小豆島を有する香川県は、国内でもトップ5に入る醤油大国!首都圏に近い千葉県(野田、銚子など)と、関西圏に近い兵庫県(たつのなど)には叶いませんが、堂々の第4位!


f:id:traveler-cipher:20220424060500j:image

こちらの大桶では、なんと5.4kLのもろみ(醤油の原型)が作られ、これを絞ることによって5kLの醤油が作れるそうです。1Lのペットボトル5000本ですよ!?

 

こちらでは、1日数回、もろみ絞り体験をすることができます。これは貴重な体験ですね!早速会場へ行ってみましょう!

f:id:traveler-cipher:20220424060516j:image

こちらが、もろみ絞りを体験できる装置です。

 

そもそも、醤油ってどうやって作るのかご存じですか?

実は、醤油には作り方によって三種類に分類されるのです。
f:id:traveler-cipher:20220427121610j:image

本醸造

もっともスタンダードな作り方がこれ。ここ『マルキン醤油』でもほとんどがこの本醸造で作られているようです。

大豆と麦でに麹を加えて作るのが「諸味(もろみ)」です。これに手を加えずに絞ったものが本醸造醤油!

 

② 混合醸造

これは、①と同じ行程で作った「諸味」にアミノ酸液などを加えてから絞ったもの!

 

③ 混合

こちらは、①と同じ行程で「諸味」から絞った液体に対してアミノ酸液を加えたもの!


f:id:traveler-cipher:20220424060712j:image

こちらが、その「諸味」です。蒸した大豆と煎った麦に麹を加えて熟成させたもの!


f:id:traveler-cipher:20220424060535j:image

これを圧縮すると…絞られて液体が出てきます。これの液体が「醤油」!

本来の工程では、この後で行われる「火入れ」や「ろ過」もしていない、生まれたままの「生醤油」がこれです!いわゆる「生揚げ醤油」と呼ばれる超貴重なもの!

これがまた旨い!今まで食べてきた醤油とは香りが全く異なります!

 

この「生揚げ醤油」は、加熱処理をしないために麹の香りがそのまんま!加熱料理ではなく、お刺身や卵かけご飯なんかで食べたら最高でしょうね!

f:id:traveler-cipher:20220425163304j:image
ちなみに、こちら『マルキン醤油記念館』には 入場料大人400円小学生200円がかかります。しかし!なんと、お一人様一本の醤油がお土産に付いて来るんです!

さらに、お隣の物産館で使える100円分の金券付き!え…これ実質無料みたいなもんじゃないのか?(笑)


f:id:traveler-cipher:20220424060612j:image

こちらが併設している物産館!名物のしょうゆソフトクリームが頂けるのもこちらです!(この日はソフトクリーム販売時間前でしたので食べられず!残念!)


f:id:traveler-cipher:20220425163347j:image

その代わり…これ!先ほどもろみ絞り体験で味わったのとほとんど同じ貴重な「生揚げ醤油」を買わせて頂きました!5人分の100円券(合計500円分)を使ったので…これも無料みたいなもの!

 

いやはや!こりゃすごい!資料館見学やもろみ絞り体験をさせて頂けるだけでも貴重なのに、お土産や売店の割引券まで頂けるとは!とてもおすすめですので、小豆島へ行かれた際はぜひお立ち寄りください!

 

ちなみにこちらでは、上記に近い「火入れ」を行っていない生の醤油をお取り寄せできます! 試してみたい方は…ぜひ!旨すぎる醤油で最高のTKG(卵かけご飯)はいかがでしょ!!

 

マルキン醤油記念館

アクセス

小豆島

土庄港から車で30分

池田港から車で20分

 

営業時間

9:00-16:00

夏季は16:30まで延長

 

定休日

不定

夏季は無休

 

入場料金

大人400円 小学生200円

 

駐車場

無料駐車場あり

 

アドレス

香川県小豆島郡小豆島町苗羽甲1850

0879-82-0047

 

次回です

 

前回です