旅人サイファのお出かけブログ

R3.5.15 ブログランキングサイト国内旅行ジャンル第1位獲得!旅行プランナー旅人サイファが送る『旅行に行きたくなるブログ』です!ぜひお立ち寄りください♪

【鎌倉殿の13人】ざっくりコラム 第2話 義時の『ははぁっ!!!』で運命は決まった

こんばんは!旅人サイファです!

毎週日曜日の夜はこちら!NHK大河ドラマ【鎌倉殿の13人】ざっくりコラムをお届けします。

f:id:traveler-cipher:20220109095709j:image

いやあ面白い!狐とタヌキの化かし合い!表では流人でしかない源頼朝(佐殿)を巡って、各陣営が裏を読み合う展開ですね!

 

源頼朝は東国の武士達の間では極めて微妙な存在でした。

表では平家に仇なす流人。一方では平家打倒を目指す源氏の貴種。

平家にすり寄る者にとっては、その監視役として重要な役割を担うことになります。しかし、平家の横暴に眉をひそめる者にとっては、反平家の旗頭として一発逆転を狙う貴重な存在になりうる。

 

頼朝は、伊豆国東部の有力者「伊東祐親」の娘・八重と離縁し、伊豆国中部の豪族「北条時政」の娘・政子と急激に距離を縮めていきました。

 

姉・政子と頼朝に接近するのを見て北条義時が言ったセリフ

『出ていって下さい。北条から。』←(北条を巻き込まないでください!この厄介者!)

これは頼朝を匿った各陣営が同じように思っていた内心。アナタが動くと厄介なんですよ!大人しく閉じ籠ってててください!

 

これに対し、頼朝は一枚上手でした。

『私には後ろ楯がない。八重どのを娶い、伊東が後ろ楯になってくれることを願ったが、そうはならなかった。だが今、北条が現れた。そのために政子殿が必要なのだ。政子殿と北条を後ろ楯に…憎き平清盛を討つ!』

 

この勢いに、義時が発した言葉は

『ははぁっ!!!』

 

え。おいおい『ははぁっ!!!』じゃねーだろ(笑)

突然舞い込んできた厄介者。この厄介者をどう扱うかによって、北条家の方針は180度変わります。この難しい情勢の中、一瞬で頼朝に丸め込まれた北条義時…(笑)

 

この後、いつの間にか北条一族は、時の権力者、平清盛に仇なす反政府勢力に祭り上げられることになるのです。

 

次回です

 

前回です