旅人サイファのお出かけブログ

R3.5.15 ブログランキングサイト国内旅行ジャンル第1位獲得!旅行プランナー旅人サイファが送る『旅行に行きたくなるブログ』です!ぜひお立ち寄りください♪

スクロールして項目をお選びください!

【宮崎】美しい日本庭園が見事!『都城島津邸』は昭和天皇も宿泊した大邸宅!

都城島津邸』は天皇陛下も宿泊した大邸宅!日本庭園も素晴らしい!

f:id:traveler-cipher:20230109114047j:image

宮崎県都城市は、薩摩大隅の太守として江戸時代末までつづく島津氏発祥の地!そんな島津にとって重要な土地を任されていた分家筋「都城島津家」が住んだ邸宅がここ『都城島津邸』です。

 

筆者紹介

こちらは本業の傍ら全国47都道府県を旅して年間平均35泊!旅行プランナー/ブロガー「旅人サイファ」が執筆運営しております。

 

旅人サイファ実績

・スキルマーケット「ココナラ」にて旅行お出かけカテゴリ売上実績No.1

・グルメサイト「ニッポンごはん旅」公認ライター

・スマートニュース/Yahoo!ニュースほかメディア掲載実績多数

・「にほんブログ村」国内旅行カテゴリPVランキング1位を記録

こちらは【秋の南九州周遊旅行記】からの記事をお届けしています。

 

都城島津邸』とは?f:id:traveler-cipher:20230109114300j:image

宮崎県都城市は、薩摩の戦国大名「島津氏」発祥の地と言われています。

 

そもそも「島津」の由来がまさにこの地!平安時代末期、ここ都城を中心に旧日向国、旧大隅国、旧薩摩国にまたがる日本最大の荘園(私有地)がありました。その荘園こそが「島津荘」です。

 

源平合戦後に、ここ「島津荘」を治めていた平氏は滅亡します。平氏滅亡後、持ち主を失った「島津荘」は、京都の貴族近衛藤原氏へと受け継がれることになりました。その際に、現地の代官として鎌倉幕府から派遣されたのが「惟宗忠久」です。彼は、九州に入ると自らこの地を姓とし「島津忠久」と名乗るようになります。これが、鎌倉、室町、戦国、江戸と代々続く島津氏の発祥なんです!

 

島津本家は、やがて都城を後にして、出水や川内、鹿児島へと本拠を移して移動しますが、ここ都城は島津にとって重要な土地でした。島津の聖地として重要視され、島津の一族である北郷氏が、島津の分家として代々治めてきました。

 

そんな北郷氏…いわゆる都城島津家の当主が、明治以降に生活していたのがここ『都城島津邸』なんです。

 

f:id:traveler-cipher:20230109114419j:image

都城島津邸』の敷地内には、当主一族が生活をした本宅と、都城島津家に伝わる宝物や資料を集めた「都城島津伝承館」も併設されています。

 

都城島津邸』へのアクセス/駐車場

f:id:traveler-cipher:20230109114400j:image

都城島津邸』は、都城市街地の南方に立地しています。駅からは3~4kmほど距離がありますので、タクシー利用がおすすめです。駅からの距離でいうと、西都城駅からの方が距離は近いようです。

 

お車の場合は、宮崎自動車道都城ICから市街地を通り抜けておよそ20分ほどです。敷地の東側に45台ほどキャパのある無料駐車場がありますのでそちらをご利用ください。

 

都城島津邸』の見どころ!

f:id:traveler-cipher:20230109114531j:image

都城島津邸』の見どころは、和洋折衷の豪華な邸宅にあります。表玄関には島津家の家紋(丸十字)が堂々と翻っていますね。

 

ここ都城は、島津氏発祥の地として、鹿児島の島津本家からも大変重要視された土地のようです。そのため、この地を治めた「都城島津家」は、一族の中でも特別な扱いをされていたようです。

 

都城島津家は、戊辰戦争後は一時的に鹿児島城下で生活していましたが、戊辰戦争での活躍により男爵の位を授けられ都城へ戻ります。その時に生活の場として作られたのが、ここ『都城島津邸』なのです。


f:id:traveler-cipher:20230109114603j:image

玄関を入ってすぐのところには、来客をおもてなしする応接間が作られています。こちらは完全に洋室の佇まい。板張りの床に、上質なソファが据えられています。


f:id:traveler-cipher:20230109114639j:image

ここ『都城島津邸』が大きく様変わりするのは、昭和48年のこと。宮崎県小林市で行われた全国植樹祭の出席のため、昭和天皇皇后両陛下が宿泊されるために選ばれたのがここ『都城島津邸』なのです。

 

応接間から奥へ進むとリビングフロアになります。こちらには黄金色に輝くソファが置かれています。両陛下はこのソファで寛ぎ、旅の疲れを癒したと伝わっています。


f:id:traveler-cipher:20230109114701j:image

また、両陛下宿泊の際に出された食事メニューもきちんと記録が残されており、テーブルに陳列されていました。こちら全てで一人分のようで、伊勢海老や天ぷら、宮崎の郷土料理などが出されたようです。



f:id:traveler-cipher:20230109160621j:image

また、2階には両陛下が実際にお休みになられたベッドルームもそのまま置かれたままにされていました。

f:id:traveler-cipher:20230109114757j:image

面白いのがこの大理石で作られたバスルーム。陛下の宿泊の際にあわせて新しく作らせたもののようですが、なんと陛下のご入浴の後はただの一度も使われていないとか!なんとまあ…贅沢な使い方(笑)


f:id:traveler-cipher:20230109114842j:image

さて、邸宅を一通り見学させていただきましたが…最も素晴らしかったのは、そのお庭です。


f:id:traveler-cipher:20230109114916j:image

縁側から見ると、青々とした芝生に銘木銘石が置かれた素晴らしい庭園となっています。この日は青空が広がっており、まるでキラキラと輝くような庭園が素晴らしいの一言!


f:id:traveler-cipher:20230109114047j:image

こちらでは、お庭に出て外側からお庭と邸宅を拝観することもできます。お手入れも素晴らしい、枯れ葉1枚すらも落ちていません。お庭の素晴らしさは、日々のお手入れにあり…ですね!

 

なお今回は、「都城歴史観光ガイド」のS氏が詳しく解説して下さいました。ガイドさんは、受付で申し出ると無料で施設の案内をしてくださいます(予約不要)。様々な質問にも答えて下さいますので、とてもおすすめです!ガイドさんの元で見学すると、理解度が桁違いです。
f:id:traveler-cipher:20230109174135j:image

Sさん!ありがとうございました!

 

 

いかがでしたか。都城を代表する観光スポットのひとつ『都城島津邸』。豪奢な邸宅と、それに付随する美しいお庭が素晴らしいスポットでした!

【秋の南九州旅行記】、筆者は都城市を後にして、西都市を目指しました。ここにある博物館が…また素晴らかった!次回もお楽しみに!

 

都城島津邸』の基本情報

アクセス

JR日豊本線 都城駅もしくは西都城駅からタクシー

宮崎自動車道 都城ICより20分

 

営業時間

9:00-17:00(入館16:30まで)

 

定休日

毎週月曜日

※祝日の場合は翌日

年末年始

 

入場料金

本宅見学 小学生以上一律110円

※資料館は別料金

 

駐車場

無料駐車場あり

 

アドレス

宮崎県都城市早鈴町18-5

0986-36-4019