旅人サイファのお出かけブログ

R3.5.15 ブログランキングサイト国内旅行ジャンル第1位獲得!旅行プランナー旅人サイファが送る『旅行に行きたくなるブログ』です!ぜひお立ち寄りください♪

『スーパーホテル八戸天然温泉』の天然温泉がすごい!【青森グルメ取材旅行記】①

こんにちは!旅行プランナー&ライターの【旅人サイファ】です。

こちらのブログをご愛読頂いている方は既にご存知かもしれませんが、筆者は現在、本業の傍らで以下のような活動をしています。

 

旅人サイファの活動

  • 旅行ブログの執筆(毎日投稿850日超)
  • 旅行プランニングサービスの販売(主にcoconalaにて旅行カテゴリ売上実績NO.1)
  • 旅行ライターとしての執筆(ニッポンごはん旅公認ライター)

実はこの度、とある筋(←)から旅行記事執筆のご依頼を頂いたのです!

 

そのご依頼を受けたのが、なんと納品締め切りの3週間前!

え。え。え。どうしよう。間に合う?どうする?

…と、普通は慌てるところでしょうが!そこはお任せあれ!

f:id:traveler-cipher:20220427214258j:image

即座にスケジュールを調整し、新幹線とお宿を押さえ…北へ向かう新幹線に飛び乗ったのが3月初旬!(結果的にその依頼はポシャったんですけどね…フットワークの軽さはアピールできたかな?泣)

 

そんなこんなでたどり着いたのが、青森県八戸市です。

せっかく青森まで来たんですから…旨いもの食べなきゃもったいない!と、いうことで今回から【青森グルメ旅行記】として、連載していきます!

ちなみに今回は、当ブログの技術担当者も同行してもらいました。

当ブログ技術担当

「実は、東北 初上陸でした^^」

 

連載初回の今回は、八戸のお宿をご紹介します。この日お世話になったのが…こちら!
f:id:traveler-cipher:20220427214743j:image

スーパーホテル八戸天然温泉』です!

アクセスは、JR本八戸駅から14.5分です。東北新幹線八戸駅からですと、5km以上ありますので注意が必要です。

 

八戸という町は面白いもので、新幹線駅が「八戸駅」、本来の旧市街地が「本八戸駅」になっています。通例ですと、旧市街地が「八戸駅」で、新幹線を「新八戸駅」とするところが多いんですけどね。

調べてみると、やはり元々「八戸駅」は現在の「本八戸駅」が名乗っていたそうです。

 

東北本線との接続駅であった「尻内駅」に「八戸駅」の駅名を譲った結果、「本八戸駅」と名乗ることになったという経緯があります。

なお、八戸市の中心街「十一日町」へも徒歩7.8分ほどで行けますので、飲食にも不自由しませんでした!早速チェックインを済ませます。


f:id:traveler-cipher:20220427214401j:image

こちら、ビジネスホテルにしてはなかなか素敵なホテルでした。今回は二人でしたので、少し広めのこちらのお部屋。ロフトベッド付きのツインルームという面白い形でした。

 

このホテルで素晴らしかったポイントはふたつ!

f:id:traveler-cipher:20220427214412j:image

ひとつがこの天然温泉!さすが看板に掲げるだけあって泉質が素晴らしい!アルカリ性でトロトロとした本物の温泉!大浴場は決して広くはありませんが、この温泉に入るだけでも価値がありますね。


f:id:traveler-cipher:20220427214458j:image

もうひとつが、スーパーホテルの売りでもある無料朝食です。サラダやベーコン、スクランブルエッグなどの定番メニューもさることながら…


f:id:traveler-cipher:20220427214437j:image

これですこれ!八戸のソウルフードとも言えるB級グルメせんべい汁」も朝食バイキングに並んでいる!


f:id:traveler-cipher:20220427214447j:image

厚めの南部せんべいを、お野菜たっぷりのすまし汁に割りいれていただく、この「せんべい汁」!ふやかし加減も絶妙でした!

 

さすがB級グルメグランプリで金賞受賞したこともある名物ですね。美味しかったです。

さて、しっかり朝食で鋭気を養って…これより2泊3日の【青森グルメ旅行記】スタートです。

まずは、朝から八戸市内の名所を巡って、午後には2泊目の宿泊先、青森市内を目指します!

 

スーパーホテル 八戸天然温泉

アクセス

JR八戸線 本八戸駅より徒歩14分

東北新幹線 八戸駅よりタクシー20分

 

アドレス

青森県八戸市十一日町58-7

0178-47-9000

 

次回です!