旅人サイファのお出かけブログ

R3.5.15 ブログランキングサイト国内旅行ジャンル第1位獲得!旅行プランナー旅人サイファが送る『旅行に行きたくなるブログ』です!ぜひお立ち寄りください♪

【新潟群馬温泉紀行⑪】川がそのまま露天風呂!『尻焼温泉』が楽しい!

こんにちは!旅人サイファです。今回も【新潟群馬温泉紀行】からの記事が続きます。

 

天空の湖「野反湖」の風景を楽しんだ後、山を降りて旧六合村の中心地までやって来ました。

ここには、温泉マニアには有名な面白い温泉があるのです。

f:id:traveler-cipher:20210930122617j:image

それがこちら!川がそのまま温泉になってる!?群馬県尻焼温泉(しりやき-)』です!

一見何の変哲も無い川。しかし、川の水に足を浸けてみると…温かい!

 

川底のあちらこちらから、ボコッボコッと温泉が湧き出ているのが見えます。

上流の冷たい川の水と混じりあって…適温の温泉のできあがり…なーんて楽しい経験ができちゃうのが、ここ『尻焼温泉・川の湯』です。


f:id:traveler-cipher:20210930122654j:image

草津温泉の中心地からは車でおよそ30分ほど。

野反湖に繋がる国道405号線から西に別れて5分ほど走れば『尻焼温泉』にたどり着きます。

 

道沿いに無料の駐車場が見えてきたら目印…ですが、ここから川の温泉までは5分ほど歩かねばなりません。

荷物や同行者が多い時は、この先の温泉入口まで行って、同行者を下ろした方が良いかもしれません。


f:id:traveler-cipher:20210930122715j:image

駐車場から歩き始めると、コンクリート製の小さな橋を渡ります。この橋を渡れば『川の湯』まではすぐ!


f:id:traveler-cipher:20210930122739j:image

橋を渡った先に、河原へ降りる温泉の入口があります。

ここから…面白い風景になりますよ(笑)


f:id:traveler-cipher:20210930122820j:image

小道を進むと、目の前に川?池?が見えてきます。

実は…これがもうすでに温泉の湯船!よく見ると人が入っていますね!

 

脱衣場やロッカーなんてものは一切無し!

地元のオジサマ達でしょうか…そのままの姿でザブンと温泉に浸かっています(笑)いやあ、何というか…自由!

女性にはハードル高いですかね。中には水着を着て入浴している方もチラホラいましたが。


f:id:traveler-cipher:20210930130133j:image

筆者は息子共々、車で水着に着替えて参りましたので、そのまま川の中へGO!!!

恐る恐る足を浸すと…ほどよくぬるい!しかし油断することなかれ!

気を抜いていると…ボコッと湧き出すスポットで「あっちっ!」なんてこともしばしば(笑)

 

いやしかし、川底も滑るわ、自然のままの岩がゴロゴロしてるわ、適温スポット探すのも難儀だわ…ちょうど良い場所探すのもなかなかレベル高いぞこりゃ(笑)

 

この日は、前日の雨で川は茶色く濁っていました。普段はもう少し澄んでるらしい?

そのためこの日は何となく…泥水に浸かっているような気分。子どもと一緒でしたので、温泉は早々に退散し下流へ移動して川遊びに切り替えました。


f:id:traveler-cipher:20210930122840j:image

温泉の湧くエリアからすぐ下のエリアは温かくもなく冷たすぎもせず…な、水遊びに最適な水温!

寒くなったら温泉に戻って、温まったら川遊びに戻る!としていれば、ずっと遊んでいられますね!ファミリーで楽しんでいる人々もたくさんいらっしゃいました。

 

ただ、温泉エリアへの立ち入りは要注意!

おっちゃん達は、普通に全裸で温泉を楽しんでいますので女性やお子さんはびっくりしちゃうかも(笑)

 

尻焼温泉 川の湯

アクセス

関越自動車道 渋川伊香保ICより100分

JR吾妻線 長野原草津口駅より路線バス

 

営業時間

24時間散策自由

 

入浴料金

無料

 

駐車場

駐車場あり合計20台無料

 

定休日

年中無休

 

入場料金

無料

 

アドレス

群馬県吾妻郡中之条町入山

0279-75-8814(中之条町観光協会)

 

次回です!

 

前回です