旅人サイファのお出かけブログ

R3.5.15 ブログランキングサイト国内旅行ジャンル第1位獲得!旅行プランナー旅人サイファが送る『旅行に行きたくなるブログ』です!ぜひお立ち寄りください♪

【旅人サイファの絶景100選】国内最高峰の日本庭園!『足立美術館』は別格!

こんにちは!旅人サイファです!

本日は月曜日!【旅人サイファの絶景100選】No.67、今回も中国地方の絶景群をお送りします!

 

今回ご紹介するのは、庭園美術の最高峰!島根県安来市足立美術館です!f:id:traveler-cipher:20210912194714j:image

もうね…ここに来ると何も言葉が出ません。その圧倒的なスケール!

風景全てが計算され尽くした美的空間なのです!

 

ここ『足立美術館』の日本庭園は、アメリカの日本庭園専門誌「ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング」の日本庭園ランキングで18年連続第1位という圧倒的な王者!

 

なんと視界に入る全てが『足立美術館』の管理する敷地というから驚きです!遠くに見える山ですら美術館の所有ですからね!

背景の山の木々の枝の伸びっぷりすら日々管理している!はっきり言って…ヤバイです!

 

私は、日本庭園の美しさの肝は「お手入れ」にあると思っています。かつて京都の「無鄰菴(むりんあん)」でも同じ感想を抱きました。

現在「無鄰菴」も運営管理は造園業者さんが担当しています。一日も絶やすこと無く木々や敷地内を管理することで、常に美しい日本庭園を堪能することができるのです。

 

それと同じように、ここ『足立美術館』の庭園も7名の専属庭師が日々の手入れや維持管理を行っていると言われています。

ですので、ゴミはおろか余計な落ち葉すら見当たらないという徹底ぶり!日々、常に観察し手入れを怠らないことこそが…美しい日本庭園を産み出す秘訣なのだと思っています。

ここ、『足立美術館』の日本庭園は、四季折々で全く異なる表情を見せます。

 

秋口になれば…所々に植えられた広葉樹が赤い添景として庭を彩ります。

f:id:traveler-cipher:20210912212041j:image

 

また、真冬になると…

f:id:traveler-cipher:20210912212533j:image

まるで枯山水のようなモノクロームの世界を味あわせてくれるのです!

 

日本の庭園技術の集大成とも言える『足立美術館』。

ぜひ、その美しい空間を堪能しに、島根県安来市まで足を運んでみてください!きっと…震えますよ!

 

足立美術館

アクセス

JR安来駅より無料シャトルバス

山陰自動車道 安来ICより15分

 

入場料金

大人 2300円

大学生 1800円

高校生 1000円

小中学生 500円

 

営業時間

4~9月 9:00-17:30

10~3月 9:00-17:00

 

定休日

年中無休(新館のみ入れ替え休館日あり)

 

駐車場

400台無料駐車場あり

 

アドレス

島根県安来市古川町320

0854-28-6733

 

次回です

 

前回はこちらから!