旅人サイファのお出かけブログ

R3.5.15 ブログランキングサイト国内旅行ジャンル第1位獲得!旅行プランナー旅人サイファが送る『旅行に行きたくなるブログ』です!ぜひお立ち寄りください♪

Google Chromecast とスマホを使ってカーナビで映画を見よう!夢の車内シアター完成!

こんにちは!旅人サイファです。

今回の記事は、スマートフォンタブレットをカーナビ&後席モニターと接続して、車内をシアターにしてしまおうという試みです!

 

題して…『Google Chromecastを使って夢の車内シアター完成!』(以下、Chromecast)
f:id:traveler-cipher:20210621222127j:image

 

今回の主役はこのパーツ!Googleから発売されている『Chromecast』です。
f:id:traveler-cipher:20210623082128j:image
これは、スマホタブレットの映像を、TVなどの外部モニターに投影するための機器。

 

これをうまく活用すれば…カーナビもシアター化できるはず!

皆様のご愛車のカーナビゲーションシステムがHDMIケーブルを接続できる機種でしたら今回の技も応用可能です!

 

以前、ダイレクトにスマホタブレットを接続する方法をご紹介しました。しかしこの方法ですと、揺れる走行中の車内では接続部分が物理的に安定しないという欠点が…!

 

今回の方法は、Wi-Fiを介しての接続なので投影が不安定になることも少ない、画期的な車内シアターになっております!

 

準備①

もしもカーナビにHDMIケーブルが接続されていない場合は、カーディーラーやカー用品店でご相談してみてください。HDMIポートのあるカーナビでしたら、その背面からHDMIケーブルを接続することが可能です!

 

このHDMIケーブルに、今回購入した『Chromecast』を接続します。

 

この時、カーナビから伸びているHDMIケーブルの端部がオス凸の場合は要注意!

『Chromecast』の接続端子もオス凸のため、双方を接続するためには『メス-メス凹凹アダプタ』が必要になりますのでご注意を!

 

 

さて、これでようやくカーナビ本体と『Chromecast』が接続できました。 

また、『Chromecast』への給電用にUSB電源との接続も必要ですのでご注意ください。

最近の車種であれば、USBポート標準装備されているものも多いです。

もしもなければ、シガーソケットからUSB出力できるアダプターが100円ショップでも売られていますのでご準備ください。

 

準備②

続いて、『Chromecast』スマートフォンを接続する必要があります。

 

ここで注意点!

"『Chromecast』は再生する端末と同一Wi-Fi環境下にないと接続できません!"

つまり、スマホからのテザリングで、スマホ『Chromecast』Wi-Fi接続しなければならないのです。

 

テザリングとは、スマホWi-Fiルーターとして活用できる機能のこと。

これが使えれば、外出先でもスマホからの電波を受信して、動画視聴やオンラインゲームも遊べてしまいます!

 

現在、NTTドコモ楽天モバイルのキャリアであれば無料でテザリングが可能です。

auSoftbankの場合は、プランによって有料オプションとされている場合がありますのでご注意ください!

なお…楽天モバイルは通信料金も格安ですので、今回のようなテザリング使用にはとってもおすすめですよ!

 

準備③

さて、続いて『Chromecast』のセッティングをします。

ここで必要なのがGoogle Homeというアプリです。
f:id:traveler-cipher:20210623074748j:image

 

実は、『Chromecast』本体には、ディスプレイも設定ボタンもありません。

必ず、Google Homeアプリ上で設定する必要があるのです。

 

このアプリはもちろん無料。AppStoreや、Google PLAYストアからダウンロードできますので、予め入手しておきましょう。

 

準備④

Google Homeアプリを起動させると、Chromecastのセットアップという項目が出てきます。
f:id:traveler-cipher:20210623074344j:image

セットアップ開始すると、周辺のGoogle Chromecastを自動的に探してくれます。

うーん!この子賢い!

 

まずはGoogle Chromecastに接続すると…
f:id:traveler-cipher:20210623074402j:image

 

画面上はこんな表示に。
f:id:traveler-cipher:20210623074439j:image

 

スマホ画面にも同じコードが表示されたら接続完了!

f:id:traveler-cipher:20210623074500j:image

 

これで、スマホ→Google Chromecast→カーナビへの投影接続完了!
f:id:traveler-cipher:20210623074524j:image

 

 

ここまで設定を進め、スマホWi-Fi接続してしまえば…スマホの動画アプリをカーナビ、及び後席モニターへ投影することが可能になります!

 

後はスマホ画面上で、You TubeAmazonプライムビデオ、U-NEXTなどの動画アプリを立ち上げると…画面上にキャストボタンが表示されます。
f:id:traveler-cipher:20210623075607j:image

このキャストボタンを押せば…動画サイトの映像がカーナビ画面へ表示されるのです!


f:id:traveler-cipher:20210626072932j:image

 

YouTubeのような、常に通信(ギガ)を使って再生するタイプの動画サイトでは、通信量もかなりの量になってしまいます。

 

しかし、AmazonPrimeビデオや、U-NEXTなど、端末に動画を保存できる動画アプリでしたら、通信量の心配無用!

自宅などのWi-Fi環境で動画作品を端末にダウンロード→車内で再生すれば良いのでとっても簡単です!

通信状況による動画の乱れもほとんどありません!

 

いかがでしたか?

カーナビ × Google Chromecast × スマホ

で作る夢の車内シアター!車に後席モニターか付いていればもう完璧!

 

これで長距離ドライブも高速道路渋滞も怖いものなし!

車から降りたくなくなる、夢の空間の完成です!

設定も難しくないのでおすすめですよー!

 

テザリングが難しいという方はこちらの方法もございます