旅人サイファのお出かけブログ

R3.5.15 ブログランキングサイト国内旅行ジャンル第1位獲得!旅行プランナー旅人サイファが送る『旅行に行きたくなるブログ』です!ぜひお立ち寄りください♪

熊本の町は今も加藤清正が見守っている!清正公の墓所が残る『本妙寺』【春休み中九州旅行記⑨】

こんにちは!旅人サイファです!

中九州旅行記

熊本城の特別見学を終えて本妙寺(ほんみょうじ)』へ向かいます。

 

熊本城の西方に聳える金峰山、その中腹に位置する本妙寺加藤清正墓所のあるお寺です。

加藤清正は熊本城を築城し、現在の熊本市の礎を築いた戦国〜江戸時代の武将。熊本では現在も「清正公(せいしょこ)さん」と呼ばれ親しまれています。

 

そんな加藤清正ですが、加藤家は清正の死後、跡を継いだ息子の加藤忠広の代になって改易(追放)され、熊本の地から去っています。 

しかし、加藤清正の遺骨はその後も熊本に留まり、現在も熊本の町を見守っているのです。

 

熊本市電本妙寺入口駅から一直線に登る山道の突き当りが本妙寺です。
f:id:traveler-cipher:20210618084448j:image

駅から歩く場合は、なかなかのハイキングになります。ですが、一直線に伸びる石畳の参道は素晴らしい!

参道の両脇には塔中寺院が建ち並び、一種独特の雰囲気を醸しています。


f:id:traveler-cipher:20210618084528j:image

この参道の突き当たりで…風景は一変します。

胸突雁木と呼ばれる176段の石段が目の前に迫り、その中央は…夥しい数の灯籠!


f:id:traveler-cipher:20210618084428j:image

まるではるか昔にタイムスリップしたかのような…圧倒的な灯籠群は圧巻!


f:id:traveler-cipher:20210618084646j:image

これに全て火が入ったら…かなり壮観でしょうね。


f:id:traveler-cipher:20210618084600j:image

さて、灯籠参道を上り詰めるといよいよ清正公の眠る浄池廟にたどり着きます。


f:id:traveler-cipher:20210618084612j:image

清正公が厚く帰依していたという日蓮宗のお題目が高々と掲げられていますね。


f:id:traveler-cipher:20210618084623j:image

拝殿の裏に浄池廟の本堂が見えています。

どこか日光東照宮にも似た雰囲気のあるお堂ですね。この地に…清正公は葬られています。

 

そしてこの本堂のさらに上…およそ300段の石段の上に、愛槍を空高く掲げた清正公の像が立っています。
f:id:traveler-cipher:20210624123757j:image

まるで悪いものから町を守るかように…。今も町を見下ろす本妙寺から、清正公は熊本の町を見守ってくれているのでしょうか。

 

いかがでしたか?加藤清正公の眠る地、熊本市本妙寺

アクセスが大変なこともあり、なかなか観光客が足を向ける寺院ではありませんが、ここから眺める熊本の町並みは見事です!

是非一度、足をお運びください!

 

本妙寺

アクセス

熊本市電 本妙寺入口駅より徒歩15分

九州自動車道 熊本ICより40分

 

開門時間

6:00〜

 

定休日

年中無休

 

拝観料

無料

 

アドレス

熊本県熊本市西区花園4-13-1

096-354-1411

 

旅の最初に戻る

 

前回