旅人サイファのお出かけブログ

R3.5.15 ブログランキングサイト国内旅行ジャンル第1位獲得!旅行プランナー旅人サイファが送る『旅行に行きたくなるブログ』です!ぜひお立ち寄りください♪

【旅人サイファの絶景100選】失われた絶景!鳥海山と象潟!

こんにちは!旅人サイファです!

本日は月曜日!【旅人サイファの絶景100選】No.53をお届けします。

 

今回ご紹介するのは東北の名峰『鳥海山(ちょうかいさん)と象潟(きさかた)』です。
f:id:traveler-cipher:20210530142159j:image

 

両翼を広げた鳥のようにその端正な姿で知られる鳥海山は、出羽富士、秋田富士とも言われる東北有数の山岳です。
f:id:traveler-cipher:20210530142207j:image

山形県庄内地方秋田県南部のにかほ辺りでは、どこからでもその姿を拝める、まさにシンボルとも言える母なる山が、この鳥海山です。

なお、その中腹を走る鳥海山ブルーラインを走れば、その7合目まで登ることができます。

 

鳥海山そのものの美しさもさる事ながら…ここ象潟には九十九島(くじゅうくしま)という素晴らしい添景があります。
f:id:traveler-cipher:20210530153437j:image

しかし…ここ象潟九十九島の美しさを味わうには、ちょっとした想像力が必要です。

この写真を見てください。

田んぼの中に、点々と松林の丘が点在しているのが分かるかと思います。

 

この松林…実はかつて全て点在する島だったのです!周りに広がる田んぼは、本来全て海面!

江戸時代後期に、この辺りで発生した大地震で海面が隆起し、その多島美は失われてしまいました。

 

実はここは、東の松島と並び賞された東北の二大絶景地でした。

かの松尾芭蕉も、奥の細道の紀行の途中でここに立ち寄り、その美しさを激賞しています。

かつて、この辺りは砂洲で区切られた浅い湾に小さな松林を抱いた島が数多浮かび、その美しさは宮城県松島よりも美しかったかもしれません。

 

現在もかつて島だった松林の丘が102島残されています。

まさに九十九島と呼ばれる所以です。

 

春、周辺の田んぼに水が張られると、まるでかつての海に浮かぶ松島のような風景が現出します。

この時期は鳥海山の残雪も美しい季節。ぜひ春の象潟の絶景をご堪能ください!

 

鳥海山 / 道の駅象潟 ねむの丘

アクセス

JR羽越本線 象潟駅よりタクシー5分

日本海東北自動車道 金浦ICより8分

 

営業時間

道の駅物産館は9:00-18:30

 

定休日

冬季12-3月の第三月曜日

 

駐車場

道の駅併設の無料駐車場完備

 

アドレス

秋田県にかほ市象潟町字大塩越73-1

0184-32-5588

 

次回です

 

前回はこちらから!