旅人サイファのお出かけブログ

お陰さまで国内旅行ジャンル第二位ランクイン!旅行プランナー旅人サイファが送る『旅行に行きたくなるブログ』です!ぜひお立ち寄りください♪

「天皇誕生日」のルール! なぜ明治と昭和だけが休日?

こんにちは!旅人サイファです。

先日目にしたこちらの記事。とても分かりやすい良記事でしたのでご紹介します!

意外と知らない「天皇誕生日」の始まりとルール なぜ明治と昭和は休日で、大正は休みじゃない? | 文春オンライン
f:id:traveler-cipher:20210224083256j:image

令和の時代になって、2/23が天皇誕生日のため祝日になりましたね。

平成の時代の天皇誕生日12/23が染み付いている方もまだまだ多いことだと思います。

少しここで、明治の天皇誕生日~令和の天皇誕生日までをおさらいしてみましょう。

明治以降の天皇誕生日

明治天皇 11/3☆

大正天皇 8/31

昭和天皇 4/29☆

平成天皇 12/23

今上天皇(令和) 2/23☆


あれ?何かに気が付きませんか?

11/3と4/29

この2つだけ、現在でも祝日に指定されていますよね?

現在の天皇陛下の誕生日も祝日です。しかし大正や平成の天皇誕生日は祝日ではありません。

あれ?どうして飛び飛びになってるんだ?

これ、色々複雑な事情が絡んでいるようです。

実は、天皇誕生日が祝日でお休みになるのは、その天皇陛下が即位している間だけなんですって!

つまり、本来は昭和天皇の誕生日は昭和時代のみ!平成天皇の誕生日は平成時代のみ!

そのルールに乗っ取って、令和に入ってからは平成天皇天皇誕生日は祝日から外されました。

しかし、4/29の昭和天皇の誕生日は、直後のGWと一体化していることを鑑みて…『国民生活への影響が大きい』として祝日のまま残されたようです。

祝日の名称も『みどりの日』と変えられました。(その後『昭和の日』に再改名)

平成の時代になっても、昭和天皇誕生日が祝日のまま残されていたことが、『天皇陛下が代替わりするごとに祝日が増える!』との誤解を招いた原因かもしれませんね。

さて、残る謎は11/3の明治天皇の誕生日。

これは現在は『文化の日』という祝日として残されています。

戦前、11/3はそのものズバリ『明治節』=明治天皇誕生日として祝日でした。

しかし、戦後に制定された祝日法では明治天皇の名は排除され『文化の日』とされています。そのコンセプトは『自由と平和を愛し文化をすすめる日』。

実は、11/3は戦後の新憲法日本国憲法』が公布された日(一般に開示された日)を記念する祝日にすり替えられてるんです。(ちなみに5/3『憲法の日』は新憲法が施行された日)

ですので『偶然同じ11/3だけど別の祝日だよ』というワケ。

ちょっと作為的な匂いもしますが…あくまで新憲法が公布された日であって、明治天皇の誕生日を記念している訳ではないようなんです。

と、言うことで天皇誕生日の謎。

  • 基本的には先代以前の天皇陛下の誕生日は祝日から外す!
  • 例外は昭和天皇誕生日ただひとつだけ!
  • 11/3は明治天皇誕生日を記念する祝日ではない!

のようです!お分かり頂けましたでしょうか?