旅人サイファのお出かけブログ

R3.5.15 ブログランキングサイト国内旅行ジャンル第1位獲得!旅行プランナー旅人サイファが送る『旅行に行きたくなるブログ』です!ぜひお立ち寄りください♪

2020年12月27日放送『麒麟がくる』ざっくり解説  丹波攻略

本日放送のNHK大河ドラマ麒麟がくる』ざっくり解説記事です。

f:id:traveler-cipher:20201227200323j:image

今回の話で信長から切腹の命令が出た「三淵藤英(みつぶち ふじひで)」は代々室町将軍家に仕えた家柄。

物語の冒頭で、光秀の次女「たま」との生け花を通じた交流が描かれていました。

「三淵藤英」の実の弟「細川藤孝(ふじたか)」は、この後、信長の配下となった光秀の片腕として、明智軍団の中枢を担います。

そして…「細川藤孝」の息子「細川忠興(ただおき)」は光秀の娘「たま」と婚姻を結びます。

つまり、「たま」と「三淵藤英」の交流は、未来の叔父と姪の間柄になるのです。

また、今回本能寺の変のキーマンのひとり、「斎藤利三(としみつ)」が光秀の元へ助けを求めて来ました。
f:id:traveler-cipher:20201227202234j:image

斎藤利三」はやがて、「細川藤孝」と並び、明智軍団の中核を担う存在になります。

しかし…いざ本能寺の変と続く山崎の戦いでは、その立場を異にします。

この「斎藤利三」の去就問題も、やがて来る本能寺の変のきっかけのひとつと言われています。

さて、今回はまた、明智光秀に新たな使命が下されました。

それは京都の西隣「丹波国攻略」。

丹波国の先には丹後、但馬、因幡伯耆山陰道が続いています。

信長は南の山陽道羽柴秀吉に任せ、北の山陰道を光秀に任せたかったのだろうと思います。

京都のすぐ隣とはいえ…深い山が続く丹波国

統一した大名も出なかったこの国は、同じく山深い信濃国と同じように、盆地ごとに割拠した国人衆の勢力の強い不思議な国でした。

そしてこの丹波攻略戦で…光秀は手酷い仕打ちを受けることになるのです。

次回です!


前回の解説はこちらから!