旅人サイファのお出かけブログ

旅行に行きたくなる!読んだらそこに行きたくなる!そんなブログを目指しています!

『市制オリジナルメンバー31』とは?東京も名古屋も入ってない!?

こんにちは!旅人サイファです!

今回は、日本の自治体・市についてのお話。 

現在の日本の市町村制…これは明治22年4月1日に開始しました。

この時にスタートしたのは… 

31市 633町 9537村 

なんと…ほとんどが村!

市としてスタートしたのは…わずか31市のみでした。


ちなみに現在は?

令和2年4月1日現在 

792市 743町 183村

合併による統廃合を繰り返し…その9割を市と町が占める逆転現象が起こっています。

さて、この市制スタート時に名を連ねた31の自治体。

言うなれば『オリジナルメンバー31!』 

f:id:traveler-cipher:20200601201212p:plain

その栄光の31のメンバーを見てみましょう!

意外な都市もリストアップされてますね。

米沢や高岡、津、久留米あたりは予想外でした。

しかし、このリストを見て…何かお気付きになりませんでしたか?

あれ!?東京は?名古屋は?

そう!ここが面白いところ!

実は明治22年4月1日の時点ではこの2つの大都市は市制スタートをきることができなかったのです!

実は、そもそものオリジナルメンバーは37。

上記メンバーの他に、6つが市としてスタートするメンバーにリストアップされていました。

ですが、諸々の事情で明治22年4月1日にスタートできず…。

残念ながらオリジナルメンバーには名を連ねていません。(選抜メンバー落ち的な?)

東京市は5月1日、岡山市は6月1日、名古屋市は10月1日スタート

そしてその明治22年内には岐阜市甲府市鳥取市も追加メンバーとして加わり、翌年の明治23年3月31日時点で40の市が誕生しています。

ここまでが…言ってみれば第一期生!

一方…ここまでに1つの都市も市としてリストアップされなかった県が…12県あります。 

その残念な県はこちら…

北海道、福島県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、長野県、滋賀県奈良県大分県、宮崎県、沖縄県

逆に言えば、ここからジャンプアップした札幌市やさいたま市千葉市もすごいところ。

今でこそ自治体の半数近くが『市』になっていますが、明治中頃に選ばれたこの31の都市は特別な存在!恐らく地元では誉れ高き『市』として、盛大に祝われたことでしょう。

市制オリジナルメンバー31に栄光あれ!